日本でもすっかりハロウィンが定着してきましたね。

渋谷での若者らの騒ぎなど賛否両論あるでしょうね。
まだまだハロウィンについていけてない私ですが、
ハロウィンの由来や、仮装のゾンビについて調べてみました(^^)/

ハロウィンの由来は?

ハロウィン 由来
ハロウィンは、ヨーロッパを起源とする民俗行事です。

万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事の事で、毎年10月31日の晩に行われ、西ヨーロッパ古代宗教にもとづく亡くなった人を偲び、収穫を祝うお祭りとされています。

日本のお盆に似ていますね。

日本人が今、イメージするハロウィンの習慣は、19世紀後半以降、アメリカの非宗教的大衆文化として広まったものですね。

山吹さん

ほら、やっぱり!今の日本での習慣は、キリスト教とも関係ないし、宗教的なものとははずれているんだね。

今日子先生

そうそう、山吹さんは伝統とか由緒とか好きだもんね~。

ハロウィンの原型となった行事を行っていたケルト人の1年の終りは10月31日で、
この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。
一年で一番この世とあの世の境目がなくなる日とされていたんです。

そして死者の霊だけなら、よいのですが、害を及ぼす精霊や魔女からもやってくると言われています。
そのためにその悪霊らから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたのです。

これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブ。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャックランタン (Jack-o’-lantern) 」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては
「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱えるそうです。

家庭では、カボチャのお菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりするそうです。
お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよいとなっています。

もともとは万聖節(11月1日)に必要なお供えをもらいに回る風習だそうです。

スポンサードリンク

ハロウィンはいつやるの?

もともとは、上にも書いたように10月31日なのですが、
日本では9月第2週くらいからパーティーモードになっているようです。

1日だけだと、ハロウィン商戦も利が薄いでしょうからね(笑)。

10月31日がハロウィンだと言われても私は、かぼちゃのケーキをパクッと食べてみるくらいしかやらない完全な傍観者ですが、いつかハロウィンも、クリスマスのように受け入れられる国民行事になるのでしょうか。
静かに注目してみたいと思っています。

ハロウィンのゾンビとは何?

ハロウィン ゾンビ
ハロウィンのゾンビはハロウィンの日に出てくるという悪霊らから目をくらませるために、ゾンビに仮装したのがもとだと言われています。

日本でハロウィンが盛り上がるのもこのゾンビメイクでコスプレしたことが快感で、どんどん盛り上がっているんじゃないでしょうか。

山吹さん

仮装するのは確かにおもしろいわね。

まとめ

いかがでしたか?
日本でのハロウィンはすっかり楽しげな行事になってきましたが、もともとの意味との違いに驚きました。

うちの近所の小さいお子さんのいるご家庭では今年から、庭の植木にかぼちゃの飾りつけが見られるようになりました。

クリスマスの定着した頃の日本もこんな感じだったのかなあ。

スポンサードリンク