子どもにせがまれハムスターを飼い始めたのはいいけれど、ちょっとでも具合が悪いと、なんとか早く元気になってほしいといろいろ調べて、迷ったり、病院の費用が気になったりしますよね。物言わぬハムスター、「かゆいの?痛いの?」ほんと、悩ましいですよね。

うちの生後、11ケ月のジャンガリアンハムスター、ひまわり君の右目に赤いいぼのようなものができました。
前回は自然に小さくなったのですが、今回は目が少し腫れて人相が(ハム相?)が変わるほどになったので初めて動物病院にお世話になることになりました。

スポンサードリンク

普段からの病院探しと、ペットの医療費の予算を組み込んでおかれることをお勧めします。ペットの治療代は自費負担ですが、躊躇なくサッと連れて行けますから。

症状

数日前からジャンガアンハムスター(11ケ月)の右目の上まぶたに赤いいぼのようなものがだんだん大きくなりました。一時期は大きくなり、目が開きづらそうになるまでに症状が進んでしまいました。

前回はほっておいたら、自然に治ったのですが、今回はなかなか完治しないようなので、意を決して病院に行くことにしました。

病院さがし

以前、「ジャンガリアンハムスターは小さいので普通の動物病院では診てもらえないことも
ある」
とネットで読んだことがあります。キンクマの大きさが受診のボーダーラインという内容でした。

普段から診てもらえる病院を探しておくとよいそうですね。でも、我が家では病院に行こうと決めた後にネットで検索しました。

緊急性のあることも考えるとやはり、普段から診てもらえる病院は探しておかれることをお勧めします。

1 膿を絞りだしてもらったよ

診察時間は9時から13時までと17時から20時、21時まで。ご夫婦で先生をされているようでした。

診断はマイボーム腺腫。目の縁、まつ毛の付け根あたりから分泌される脂肪分の出口が詰まってしまい、行き場を失った脂分が白くたまったものなんですね。人間でいうと白い小さなにきびみたいな感じでしょうか。

先生は指で押さえて潰して白い膿を出してくれました。その時、ひまわり君がキュンと一泣きするのを初めて聞きました。

スポンサードリンク

2 下痢の原因を調べてくれたよ

それから先生は柔らかいフンを見て、「下痢をしてますね」と一言。寄生虫の有無を顕微鏡で見てもらいました。ハムスターの下痢はいろんな病気を誘発するとネットで読んだことがあります。

すぐ横のスクリーンでうごめく寄生虫を見せてもらいました。これが下痢の原因だそうです。ハムスターは自分のフンを食べることがあるので寄生虫をまた取り込むことになるとのこと。なので、ケージ内の敷物も、下痢中はペーパータオルを敷き詰め、汚れたところをこまめに捨てるようにした方がよいと教えていただきました。

3 飼い方のアドバイスをくれたよ

主食はペレットで。その他のものはあくまでもおやつとのこと。ひまわりの種はどうしてもやるなら週1個に。我が家では一日1個あげていました。

「ピアノの音がストレスではないか」という私の質問に対しては、ハムスターはそれほど音は問題はないと思うが、ピアノが鳴ってハウスに逃げるようなら、別の部屋に移動するのがよいのでは?とのことでした。

4 目薬と下痢止めの飲み薬をくれたよ

内訳はこちら
初診料1,000円
糞便検査500円
目薬1,000円(消炎剤と抗生物質入り)
下痢止めの内服薬約1,200円
その他消費税などで
合計で4,001円になりました。

まとめ

初めての動物病院体験でした。ドワーフハムスターにもしっかり対応していただける病院が、自宅から近くにあってすごく安心しました。ネットで知りえる情報にも限界があるので、やはり専門の先生がいるというのは心強いです。

普段、お世話している小5の娘たちとお話を聞きましたが、初めての獣医さんというお仕事に娘たちの心にもなんらかのインパクトがあっただろうと思うと、その点でもよかったなあと思いました。

1週間後にまた来てくださいと言われたので、また3人で行きたいと思います。

追伸

床材をチップのから、ペーパータオルに変えてフンをしたら取り変えてやろうとこまめにチェックしていたのですが、ハウスの周りはきれいなんです。

不思議だなと思って、寝る前にハウスの中をそうじしようと見ると、そこにはフンがたくさんありました。きっと床材が新しくなり、自分の匂いをしっかりつけようとしてハウスの中ばかりにフンをしたのかな。

小さい頭を巡らせて、一生懸命に本能に従って生きてるのだと思うと感動しました。

スポンサードリンク