全国の神宮と言えば、伊勢神宮。
そこに奉納する大会は
この伊勢神宮奉納全国花火大会2017だけなんだそうです。(^^)/

日本三大競技花火大会であるこの大会。
夏の花火大会として行ける範囲に住んでいるのなら、
是非行ってみてくださいね。

北は秋田県、南は鹿児島県など全国各地から選抜された
花火師たちの迫力ある技はきっと
夏の始まりにふさわしいものになると思いますよ。

スポンサードリンク

伊勢神宮奉納全国花火大会2017とは

伊勢神宮奉納全国花火大会2017

 

65回目を迎える伊勢神宮奉納全国花火大会は、

伊勢神宮奉納全国花火大会委員会事務局
(伊勢市産業観光部観光振興課内)
が主催していて、

およそ1万発の花火が
伊勢の夜空に打ちあがります。

この大会は
神宮に花火を奉納する唯一無二の大会として、

昭和28年に斎行された第59回神宮式年遷宮を
記念して始められたのだそうです。

全国でも早い時期にこの大会が
開催される理由は、

北は秋田県、南は鹿児島県など、
全国各地から選抜された花火師たちが

神宮に奉納し、技を競い、花火師たちが
その年の安全を祈願する場
ともなっているからなんですね。

音響設備も充実しているため、
音と光の迫力ある花火を堪能できる

ものになっています。

伊勢神宮奉納全国花火大会2017の日程や見どころは?

伊勢神宮奉納全国花火大会2017

 

伊勢神宮奉納全国花火大会2017は
三重県伊勢市宮川河畔(度会橋上流)で、

2017年7月15日(土)19時20分-21時に開催されます。

荒天の場合、
(大雨・強風・増水等)で実施できない場合は、
9月9日(土)に延期。

9日も荒天の場合は、翌10日(日)に順延
となるそうです。

ひかる・スタンダードコース

7月15日を外すとそれ以降、8月いっぱい花火師さんたちの予定が
合わないのでしょうね(笑)。

伊勢神宮花火大会2017 打ち上げ場所を確認してみよう

宮川堤公園は、代表的な観覧場所です。
打ち上げは対岸の上流(南)で行われます。

打ち上げ数:約1万発

前年の人出:約23万人
となっています。

●打上花火の部: 40組。
各花火師が5号玉(直径約15cm)3発、
10号玉(直径約30cm)1発を順に奉納します。

●スターマインの部: 10組。
様々な花火がリズミカルに打ち上がります。

芯入り花火創造花火など
競技花火大会ならではの
高レベルな花火を
見ることができるのもポイント高いですよね。

競技はもちろん、大会のオープニング、
中盤、ラストを彩るスターマインも
見どころなので

プログラムの変わりどころを
確認しながら見ると
楽しさがアップするでしょう。

子どもさんに解説してあげると
「パパ、すごいね!!」って喜ばれますよ。

最後は、
ラストのワイドスターマインで歓声を上げましょう!
圧巻です!


スポンサードリンク

アクセス・駐車場情報

伊勢神宮奉納全国花火大会2017

 

交通

伊勢自動車道伊勢西ICから外宮方面へ車で約5km(約15分)
JR・近鉄伊勢市駅と近鉄宇治山田駅よりシャトルバス運行(17:00~)

駐車場
2000台。
会場周辺に有料駐車場 1000円/1回

交通規制
あり/17-23時(予定)、会場周辺に車両進入禁止区間あり

有料席
6人用桟敷席:1万5000円、4人用桟敷席:1万円、
2人用桟敷席:8000円、個人用自由席:2000円。

チケットぴあ他、各プレイガイド、
全国のコンビニエンスストアにて販売中。

トイレ
約30カ所(約150基)設置

問い合わせ先
0596-21-5542
伊勢神宮奉納全国花火大会委員会事務局
(伊勢市産業観光部観光振興課内)

交通規制情報
シャトルバス運行の情報は随時
掲載されます。

公式HPにて
随時ご確認くださいね。

 

まとめ

  • 伊勢神宮奉納全国花火大会2017は今年で65回目。
  • 神宮に花火を奉納する唯一無二の大会であり、
    全国から集まった花火師たちのその年の花火大会の安全祈願の意味も持っている。競技花火としての解説も併せて楽しめるのもこの大会ならでは。
  • 車での来場はかなりの混雑が予想されます。帰りの渋滞も大変なので、近くの駅に停めてそこからシャトルバス利用も手ですね。

伊勢神宮と合わせての宿泊プランもいいですね。

http://www.city.ise.mie.jp/6960.htm

 

花火大会は混雑覚悟ですよね。

 

時間つぶしの本やお菓子、飲み物、携帯トイレ

(小さいお子さんがいる場合)など
持参すると安心ですね。

スポンサードリンク