私が20歳の頃、スキー場でバイトをしていました。
その時、神戸の大学生に言われたのが「洞海湾って汚いやろ?」

初めて、公害克服都市、わが町北九州を意識した瞬間でした!

その再生の歴史とともに全国的に有名な洞海湾…。

その洞海湾の夏の夜空を彩る風物詩として、
毎年30万人を超す来場者で賑わう花火大会が
この「くきのうみ花火の祭典」です。

北九州市民の私が見どころや、
穴場情報・アクセスや駐車場情報などの疑問にお答えします(^^)/

スポンサードリンク

くきのうみ花火の祭典とは

くきのうみ花火の祭典は昭和61年より
地域の活性化ならびに北九州港洞海地区の
発展に寄与する目的で実施されています。

 

地域のお祭りであり、北九州工業地帯の海の出入り口の港湾の発展のために上げられる花火ということになります。

 

花火の目的と意味を知ると本当におもしろいですよね。

 

やはりそこには立案者の意図、
目的に思いを馳せることができるからです。

 

私が幼い頃と言えば北九州市民の多くは花火大会と言えば芦屋の花火
大会でした。(福岡県遠賀郡芦屋町)

今回ご紹介するくきのうみ花火の祭典
昭和61年からの開催といいますから、
私が全国放浪の旅を始めた頃に始まった花火ということになります。

 

山吹さん

実家に帰ったらいつの間にか知らない花火大会でみんな盛り上がってて不思議でした。

幼い頃のノスタルジーもあり、
これまでは、あしや花火大会ばかり行っておりましたが、

私の新しい家族にとっては新しい歴史を刻むのもよいかと思い、
今年はくきのうみ花火の祭典に行ってみることにしました。

 

私の個人目線からの情報に偏るかもしれませんが、
お役に立てれば幸いです。

くきのうみ花火の祭典の日程や見どころは?

くきのうみ花火の祭典は洞海湾・若戸大橋周辺で
平成29年7月29日(土曜日) 20時00分~20時40分
(※荒天の場合は中止します)

に行われます。

 

それでは、くきのうみ花火の祭典ならではの見どころをご紹介しますね!

洞海湾ど真ん中からの打上げ花火

くきのうみ花火の祭典 洞海湾からの打ち上げ

この大会のために洞海湾を行きかう船舶を止めて、湾のど真ん中に花火打上げ用の台船を浮かべ、そこから大玉10号をはじめとした花火を打ち上げます。海上花火ならではのロケーションの良さと、首が痛くなるぐらい真上に上がる大輪の花火は見応え十分です。

 

海上花火って水面に映る花火がまたきれいなんですよね。
思いっきりロマンチックな気分に浸ることができますよ。

 

音楽花火~音楽に合わせた花火の舞~

くきのうみ花火の祭典 音楽花火

会場内に流れる壮麗な音楽に合わせて、花火が美しく連射されます。今回はジャズで町おこしを進める若松らしく、ジャズの生演奏に合わせて花火を打ち上げます。光と音の競演を存分にお楽しみください。また、花火開始前にも若松南海岸通りでジャズのストリートライブを行います。

 

ジャズのストリートライブもあるんですね。
うちのだんながジャズが好きなんですよね。

こんな催しものがあるんだったら、
やはり、若松側から見ようかなあ、と思いますね。

 

「ホルストの木星」などのクラッシックもよく音楽花火に使われますが
ジャズが花火の映像とどう合うのかすごく気になります!!

若戸大橋から流れ落ちるナイアガラ

くきのうみ花火の祭典 ナイアガラ
出典:じゃらんネット

若松・戸畑のシンボル、若戸大橋にかかるナイアガラは長さ260m。洞海湾に降ろされた光のカーテンのようで、その圧倒的な美しさは感動的です。実際に使われている橋を通行止めにして行う、他ではまず見ることのできないビッグな「ナイアガラ」を見ながら、感動のフィナーレを味わってください。

 

ナイアガラが見えるところって
なかなかないんですよね。

 

実際に使われている橋を使って行われるというのがいいですよね。

橋があるからそこに花火を仕掛けようと思ったか、ナイアガラをやろうと思ったら、そこに橋を見つけたのかわかりませんが、
すごく自然な発想のように思います。

山吹さん

橋の赤い塗料が剝がれないのか少し気になりますが。

スポンサードリンク

くきのうみ花火の祭典の穴場スポットは?

穴場スポットって公開すると
嫌がられこともあるんですよね。

みんなが行くと「穴場じゃなくなってしまう」って。
でも、インターネットの時代ですから、

みんなで共有できたらきっといいことありそうと思いませんか(^^♪

久岐の浜

ここからはくきのうみ花火の祭典がしっかり見えますよ。

高塔山


若松区(もちろん近隣区民も)の憩いの場、四季折々の景色を楽しませてくれる場所でもあります。洞海湾、若戸大橋、対岸の皿倉山まで、北九州市街地を一望できる人気のスポット。

混雑は覚悟で行きましょう!

都島展望公園

こちらは高塔山の対岸戸畑側から見る展望です。

イオン戸畑ショッピングセンター屋上駐車場

イオンでお買い物、または映画を見た後に花火を見るというのはいかがですか。

食べ物はイオンで調達するとOKですね。

電車で行く場合

電車の場合、戸畑駅からだと改札口出て、地下道を通って、渡し場方面へ。
若松駅ですと、改札口出て、右手方向へ歩いて洞海湾方向へ。

どちらでも、若戸大橋の全貌が見える場所が良いですよ。橋からのナイアガラが見れると思います。

出店情報

出店情報あれこれです。(2017年の最新情報でない場合もあります。ご了承ください。)

戸畑側は数店しか出ていません。
若松側は沢山出ています。

 

特に、JR若松駅近くのサンリブ周辺に集中しています。一般的なお祭り屋台グルメや、金魚すくいなどのゲームやくじもあるようです。

 

昼間からの港まつりからも含めて、出店街をそぞろに歩くというお祭りらしい楽しみ方もできそうですね。

アクセス・駐車場情報は?

開催地:洞海湾、若戸大橋周辺

2017年7月29日土曜日 20:00〜20:40 ※荒天中止

JR戸畑駅から徒歩で5分
JR若松駅から徒歩で2分

【入場料金】花火会場入場料金:無料/※協賛席1口1万円(2名)-(要問合せ)
【有料観覧席>あり/2人で1万円
【トイレ】未定
【花火情報】
打上数:約4000発/主な花火の種類:尺玉(海上打ち上げ)、ナイアガラ、仕掛け花火/最大号数:10号玉/10号(一尺)以上:あり
【交通規制】あり/18時30分-22時、会場周辺、若松側。19-22時、戸畑側
【雨天時の対応】少雨決行、荒天中止
【問合せ先】くきのうみ花火の祭典実行委員会事務局

情報提供:株式会社 JTB パブリッシング
【お問合せ】
くきのうみ花火の祭典実行委員会事務局(若松区役所総務企画課内)
電話:093-761-5321(内線262)

混み具合の口コミも少しありましたので
ご参考まであげておきます。

2017年が実際そうかどうかはわかりませんのでご了承くださいね。

結構離れた場所に停めて、歩いて戸畑駅の渡し場側に行くか、若松駅側に行くのが良いです。あまり近くまで車で行くと、身動き取れなくなります。

 

朝の9時から若松みなと祭りが行われているので、JR若松駅周辺、若戸大橋の若松区側は一日を通して混雑が予想されます。

 

戸畑区の方では比較的人が少なく、それほど混雑は見られないので、花火観覧のみなら戸畑側が過ごしやすいです。

まとめ

1.くきのうみ花火の祭典2017

平成29年7月29日(土曜日) 20時00分~20時40分
の日程で開催。
(※荒天の場合は中止します)

2.見どころは…。

打ち上げ花火
音楽花見
ナイアガラなど

見どころ満載、4,000発。

3.道路規制あり。
こちらから、確認できます。↓
くきのうみ花火の祭典2017の交通規制は?駐車場は?JR・バス情報も

 

【お問合せ】
くきのうみ花火の祭典実行委員会事務局(若松区役所総務企画課内)
電話:093-761-5321(内線262)

スポンサードリンク