お風呂のカビをなくす上で、換気扇の力を最大に発揮してもらうやり方がありました。あなたのやり方が正しいかどうかぜひ、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

お風呂の換気扇 回す時間は?

お風呂を沸かすときから

お風呂を沸かす時から湯気(湿気)は出ています。なので、この時から回し始めると徹底していますね。

でも、入浴中は冬場などは特に、風の流れが寒く感じられるし、モーターのうなる音なく静かにお風呂に入りたいので我が家では止めています。

窓や扉は開けておくの?

一番カビやすいのはどこ?

昔のタイルのお風呂は換気扇もないこともあるのでその場合は、窓を開けて換気となります。

問題なのは、戸建て仕様で引き違い窓1箇所というパターンです。多くの方がこのタイプの換気システムだと思います。このような窓の場合、窓のみを開けて換気扇をつけると「窓周辺の空気」のみ換気されるそうです!

窓から吸い込まれた外気が換気扇ですぐに吸われてしまうんですね。お風呂で一番カビが出やすいのは床面~壁面の部分ですよね?そこを乾燥させてあげなくてはなりません。

上のようなお風呂でドアと窓を開けて換気扇をつけるとどうなるか。

浴室の湿気のほとんどが脱衣所側に行きます。お風呂場の湿気を外に出すという換気扇のお仕事がうまく機能してないパターンとなります。

結果、脱衣所に湿気がこもりやすくなりカビの原因に・・・。

換気方法…正解は

「浴室の窓とドアを閉めて、換気扇を廻す。
その際にどこか1箇所給気経路を確保する。」でした!!

給気経路というのがポイントですよ。

空気の流れ方

空気が流れるには「給気→排気」の道が必ず必要になります。浴室の換気扇を廻すと、他の部屋から空気が流れてきます。

その流れてくる空気を確保しないといけません。

いちばん良いのは脱衣所に給気を作ることですね。窓を10cm程度あけるか、給気口があれば開けてください。

そうすれば、浴室の湿気が部屋側に逆流しないで排気されます。

浴室のドアにある隙間を知ってますか?

昔のタイプならドアの下の方。今の仕様だとドア上部や、ドアの縦枠に埋め込まれているそうです。

(ドアの下にあるタイプは、ほこりが溜まりやすいので改良されているんだとか)
これが脱衣所から浴室室への空気の入り道になります。

このようなドア(窓とドアを閉めた状態)で換気扇のみで換気するとどうなるか?→

空気の流れがきれいにドア→床→壁面→天井と換気扇へという流れになります。

設計上もドアから吸気し、換気扇から排気するように設計されているんですね。

とにかく窓を閉め、この換気システムをちゃんと使った方が換気ができそうですね。

湿気が入ります。窓を開けると逆効果!

カビ予防で湿度を下げるために窓を開けて換気すると、夜の冷たい外気が入ってきて、浴室の温度が下がります。

冷たい外気が暖かい浴室内の空気に触れると結露になって逆に浴室内の湿度を上げることになってしまいます。(寒い日、外から部屋に入ると眼鏡が曇る…あの現象ですね。)

スポンサードリンク

換気扇の掃除も忘れないで!

もう一つのポイントは、換気扇の掃除。換気扇内にカビが発生していると、そのカビまでも風でまき散らすことになるからです。

最低でも年に1回、梅雨入り前に換気扇を取外し、そうじをしましょう。そして、設置したままで、カビ取り剤をかけないこと。

電気が通っているのでとても危険です。火災の危険もあるそうです。上向きにかけたカビ取り剤が誤って吸い込んだり、目に入ったりしても大変です。

電気代は24時間つけっぱなしで、いくらになる?

お風呂の換気扇の回し方、重要性もわかりました。でも、気になるのはつけっぱなしで電気代が跳ね上がるようならビクビクものですよね。でも、そんなにはかからないので安心してください。

もちろん換気扇の種類によって変わりますが消費電力は平均20Wと言われています。1kWh=26円です。

1ヶ月24時間フルに使うと【20W×24h×26円=374円】。つまり一つの換気扇にかかる電気代は1ヶ月あたり374円となります。10Wのものですと、約187円になりますね。

24時間つけっぱなしが嫌なら、せめて翌朝までつけた時の浴室の状態を確認してみましょう。カラッとしていればOKですよね。

その後のカビの発生状況までもしっかりチェックしましょうね。

換気扇プラスアルファ―で、脱カビ宣言!

換気以前に入浴後にひと手間の掃除がカビ防止に効果がありますよ。子どもさんがいる家庭ならしつけの一つとして自分が使った場所の後始末として教えるといいですよね。きっと子どもさんの役に立ちますよ。

でも、強制しなくていいですよ。ただ「お母さんはこういう思いでお風呂掃除をしてるのよー。」と言いながら自分がやるといいですよ。

子どもは親のすること、厳密に言うと、親がどんな思いでその行動をとっているのかをしっかり見ています。だから、そのお仕事を喜んでやっていれば、いざ自分でやるとなったらしっかりその思いも受け継いでくれているようです。

話が脱線してしまってごめんなさい。

お風呂上がりのカビ予防の手順

  1. 使用後に熱いシャワーで石けんカス等の汚れを流す
  2. 冷水シャワーで浴室内の温度をグンとさげる
  3. 浴室内の水滴を拭き上げ、換気・乾燥させます。
  4. 消毒用アルコールをカビが気になる場所へスプレーする。=カビ抑制に大変効果的。 キツイ、カビ取り剤で除去する必要もないので大変おすすめです。換気扇のないお風呂や、換気能力の弱いお風呂には特に役立つことでしょう。

まとめ

実はこの記事、私のために調べて書いたようなものなのです。

結婚して13年になりますが、うちのお姑さんはお風呂の後、窓を少し開け、浴室の脱衣所との間のドアも5cmほど開けて換気扇を一晩中、回していたのです。

ストッパ―で開閉幅を調節できるとは言え、一晩中、窓を開けてるなんてすごく不用心に思えたし、朝方まで換気扇を回すなんて、電気代がモッタイナイという気がいつもしていたんです。

だから、今回、正しい換気扇の回し方がわかって、すごくスッキリしました。

湿気を寄せつけず、カビからお風呂を守り、これからも今の住まいに大切に住んでいきたいと思います。

スポンサードリンク