競泳銅メダルリストの瀬戸大也選手が24日、飛び込みの馬淵優佳(22)とご結婚されたというニュースが飛び込んできましたね。

瀬戸選手、笑顔が素敵でお茶目なところが魅力ですよね。23歳の結婚とは少し早いという気がしましたが、瀬戸選手の爽やかさなら、「やはり」とうなずけました。お相手の馬淵優佳選手という方がどんな方かと思い、調べてみました。

スポンサードリンク

瀬戸選手と馬淵優佳選手

馬淵優佳さんのwikiは?

フルネーム 馬淵 優佳(まぶち ゆか)

国籍      日本
泳法     飛込競技
所属     JSS宝塚スイミングスクール(立命館大学在学中)
生年月日 1995年2月5日(22歳)
生誕地     兵庫県宝塚市
身長・体重 163cm 52キロ
血液型     A型

2008年、日本選手権において辰巳楓佳とのシンクロで高飛び込みと3メートル板飛び込みで2冠。
2009年、日本選手権の3メートル板飛び込みで2位、東アジア大会(香港)では同種目で銅メダルを獲得。
2011年世界選手権に出場したが、予選で敗退した。
2012年、インターハイの板飛び込みで3連覇を果たす。
2017年5月24日に入籍したことを公表した

出典:Wikipedia

飛込みのきっかけや両親は?

美しすぎるアスリートとしてネットでも話題になっている馬淵優佳選手。

 

飛込み王国の中国で飛込み選手で、寺内健選手を育てた

馬淵崇英(スー・エイ)さんの次女として生まれたそうです。

 

そのお父さんの崇英さんが中国での選手活動を引退した時、

馬淵かの子さんから日本でコーチをやるように勧められたのだそうです。

 

その後日本に帰化し、日本代表ヘッドコーチを務めたのち、

今も所属先のJSS宝塚スイミングスクール(兵庫県宝塚市)で

選手強化に奮闘されているそうです。

スポンサードリンク

 

馬淵優佳選手は3歳で水泳を、6歳から飛込競技を始めたそうです。

お母さまの画像は見当たらないのですが、
優佳選手に似た美しい方であろうと想像つきますね。

 

馬淵優佳さんを調べてみると

馬淵よしのさんという方のお名前が出てきました。

馬淵優佳さんと姉妹なのかなと思ったのですが、
実は、そうではないようです。

 

馬淵優佳さんのお父さん崇英さん(スー・エイ)に
日本でのコーチ活動を勧めたのが馬淵かの子さんという方です。
夫の馬淵良さんとJSS宝塚スイミングスクールをされているようです。

崇英さん(スー・エイ)さんはその後、

日本に帰化され中国人の別の女性と結婚された。
その時にお世話になった馬淵さんの姓を名乗ることにされたようです。

 

馬淵よしのさんは、馬淵良さんとかの子さんのご夫婦の間の娘さんのようですね。

馬淵優佳さんと馬淵よしのさんはご兄弟ではないということですね。

 

とにかくお父様もこの瀬戸大也選手とのご結婚を祝福されていることでしょうね。

過去の実績や実力は

馬淵優佳選手の実績を調べてみました。

2008年、日本選手権において辰巳楓佳とのシンクロで高飛び込みと3メートル板飛び込みで2冠。
2009年、日本選手権の3メートル板飛び込みで2位、東アジア大会(香港)では同種目で銅メダルを獲得。
2011年世界選手権に出場したが、予選で敗退した。
2012年、インターハイの板飛び込みで3連覇を果たす。

馬淵優佳選手も、次の東京五輪を目標にがんばっていることでしょう。

 

家庭に練習に、私たちでは想像もつかない部分で苦労もあるとは
思いますが、まだまだ実績を求められる現役選手さんなのですね。

まとめ

五輪種目の高飛び込みは高さ10メートル。
日々、その高さから飛び込んでいる馬淵優佳、

 

小さい頃からの練習のたまものとは言え、私には到底できません。

(小学生の時、私は競泳の選手で、飛込み用のプールで
遊んだ記憶はあるのですよ。足が届かなくて怖かったけど。)

 

競技に対する厳しさや、水泳の楽しさを分かち合える二人として
瀬戸選手とこれからも仲よく歩んでいってくださいね。

スポンサードリンク