お中元について何となく知っているつもりだけど、
いざ、贈るようになると案外きちんと知らなくて慌てるような経験はありませんか?

お中元の基本中の基本のマナーを押さえておくと、自信を持って相手の方へ贈ることができますよ。

スポンサードリンク

お中元とは?お中元の歴史とは?

お中元の起源は、古代中国道教の思想に始まります。

道教では、上元(旧暦1月15日)・中元(旧暦7月15日)・下元(旧暦10月15日)の3つの祭日がありました。
それが、日本に渡り、その真ん中の時期、中元に
「お世話になった方へ贈り物をする」ものとして広がりました。

中元のもともとの目的は、神様にお供えものをして身を清めることだったのですね。

お中元とお歳暮の違いは?

お中元は半年間の感謝を込めて贈る。年に一度のお礼だけでは足りないほどの深い感謝のある場合に贈る。となっています。

お中元とお歳暮どちらか一方贈るならお歳暮だけを贈ります。
お中元だけを贈り、お歳暮は贈らないのはマナー違反だとか。

一度贈り始めると、毎年贈るのが基本なのだそうです。
関係性に変化があれば別ですけどね。
突然、やめたり前年より価格の安い品物を贈ったりすることは避ける方が無難ですね。

管理人は生協に入っていて、配達の担当者さんが夏ギフトのノルマがあるらしく、毎年注文を頼まれるのです。
それで、この半年で誰かお世話になった人がいれば、その方に贈ることにしています。

でも、表書きをお中元とすると、これから先もずっと贈らないとマナーになることを知ってから、
表書きを「お礼」などと変えています。

これだと単発の感謝を伝えるのにいいのだろうな、と思うのです。

お中元の時期は?

お中元の時期はお盆を行う時期によって地域差があるのですね。

関東・東北・甲信越  7月1日~15日
北陸          7月15日ごろ(地域によって時期が異なるため)
北海道・関西・中国・四国・九州 7月15日~8月15日
沖縄         旧暦のお盆ごろまでに届くように。

贈る相手の住所に合わせて送ることがポイントです。

のしは?マナーはあるの?


のしは必要です。
水引は紅白の蝶結び
表書きは「お中元」または「御中元」

お中元のお返しは必要でないのですが、受け取ったら、お礼状を必ず書きましょう。
相手は、品物が無事に届いたか気になっています。
気に入ってくれたかな?などとも思っています。

スポンサードリンク

ですから、目上の人ならば封書かハガキを送り、親しい相手にはメールや電話で伝えることもあります。電話は簡略で正式にはお礼状という認識を持たない人が
だんだんと増えているように思いますが、

はがき、封書、メール、電話の正式度は知っておかれた方がよいと思います。
相手との認識をすり合わせるためのものがマナーですから。
ハガキを書く習慣が薄れたとはいえ、
考えようによっては簡単なんですよ。

定型文にのっとって書くだけですから。

以下は一つの例ですが、参考にされてください。

1・事項のあいさつ
2・相手の近況を尋ねる
3・お中元をいただいたことに対してのお礼
4・日頃お世話になっていることへのお礼
5・相手の健康を気づかう言葉
6・結びの言葉
7・日付など

近しい間柄ならこちらの近況報告をサラッと報告する一節を加えてもよいでしょう。
字数に応じて、絵葉書などを日頃から備えておくと、すぐに書けますよね。

絵やイラストの力に助けられて、無地のハガキに書くよりは楽だし、自分も気分がいいものです。

お中元 どこで買う?

ギフトの利益の上乗せ額はお店によってほんと様々だと思います。
有名デパートなら、ブランド力の分まで価格に含まれていますよね。
それにステータスを感じる相手に贈るなら大いに利用しましょう。

ディスカントのお店やホームセンターなどでも大きく割り引かれて売っていますよね。
そんなお店でお得に買うのもいいと思いますよ。
たいがいは包装紙に店名は入ってないようですよ。

通販サイトなどでは時々、特典付きのものがあったりしますので、
チェックしてみるのもいいですね。

相手も喜ぶ「これ!」と品物ものが決まったら、自分の定番にするのがお勧めですよね。
あれこれと毎年選ぶ時間とエネルギーが節約になりますし、
「○○と言えば◆◆さん」というように、先方にあなたの印象を強くアピールできると思いますよ。

まとめ

いかがでしたか?

私の兄は、恩師の先生に毎年、お歳暮を持っていっています。
それが、一年に1回くらいは顔を見せ、近況を報告し語らうよい機会になっているようです。

逆に私が嫁いできた時、お姑さんから「儀礼的な品物のやり取りはお互いやめましょうね。」と言われました。
それでも、現在、両家が仲が悪いわけでなく、
ただお中元、お歳暮のやり取りがないというだけです。

家々、個人個人でさまざまですね。

あなたも自分なり、我が家なりのルールを見つけてくださいね。

毎年楽しいお中元選びとなりますように。

スポンサードリンク