シャワー画像

昨年の6月15日に「カビ退治!ついに終息宣言」で放送された「カビを根こそぎ退治する」ワザをまとめてみました。浴室のタイルや目地やゴムパッキンに入り込んだカビ。
なかなかとれなくてあきらめていませんか?特別な洗剤を使わなくても予防や退治ができる方法なのでチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

浴室のゴムパッキンのカビをとる方法とは?

浴室内のタイルや目地のゴムパッキン…この間カビ取り剤できれいにしたので、また生えてる!
そんな時、本当にがっかりしてしまいますよね。

我が家でも実際にカビ取り剤を貼り付けて流した後のゴムパッキンを見て「打つ手がない」とがっかりしたことがあります。

みなさんもあきらめきれないから、こちらのサイトをご覧いただいているのですよね(笑)。

実は、3つのワザを定期的に行うだけで、目地の黒ずみとはおさらばできるという方法がありました。

浴室のカビ予防は?

『ためしてガッテン』で言っていた、カビの予防法は3つのワザを繰り返すだけでした。

カビ退治には                                     

50℃のお湯を90秒かける……ゴムパッキンやタイルの目地の奥深くまで入り込んだカビを死滅させることができます。

カビは熱に弱く50℃のお湯をかけるだけで死滅します、90秒かければ奥まで熱が伝わり、根こそぎ退治することができます。

カビ予防には

スポンサードリンク

1週間に1回、5秒間お湯をかける……胞子からカビに成長するまで、およそ7日~10日間かかります。成長する前に、50℃のお湯をかけることでカビの繁殖を予防します。

(注)シャワー以外の方法による加熱は危険なのでやらないようにしてください。
※50度のお湯を出す方法は、給湯器や蛇口のタイプによって異なります。
詳しくは説明書の指示に従ってください。
※年式の古い給湯器や、給湯器のタイプによっては、50度以上のお湯が出せない場合もありえます。
※天井に50℃のお湯をかけると、やけどの可能性があり危険なのでやめてください。

1ケ月に1回、アルコールで除去

天井のカビを放置しておくと、カビの胞子が降って、浴室中のカビの原因になります。掃除用のワイパーに消毒用のアルコールを染み込ませたペーパータオルをつけ、天井を拭きます。

1ケ月に1度行うことで、カビを防ぐことができます。

お風呂のカビ 黒ずみを白くする方法

賃貸マンションに住んでいる方で、浴室を黒カビだらけにしてしまい、修繕費をたくさん取られたという方がいらっしゃるようです。

持ち家にお住まいの方にしても、「カビが生えたらカビ取りすればいい」と思い、放置しておくと後になって思うように取れないこともよくあります。早めに白い状態に戻しておきましょう。

黒ずみを白くするわざ

カビは死滅しても、黒ずみは残ります。それを除去するには、決してこすってはいけません。デコボコなった表面にミクロのカビ胞子が入り込み、繁殖する原因となるそうです。

漂白作用のあるカビ取り剤、ホームセンターで売られている「目地修正グッズ」を使うのがおすすめです。

まとめ

『ためしてガッテン』で紹介されたこの方法が、お風呂場の掃除洗剤も増えることなくイチオシだと思います。
今年の梅雨は是非、早めの対策ができるといいですね。

スポンサードリンク