しゃっくりが出ても病気とは関係なく何かの拍子で治る物がほとんどですが、やはり止まらない時は苦しいもの。
人前でなったりするとどうしようなどと気にもなりますよね。

そこで今回は、しゃっくりの原因と治し方についてわかりやすくまとめてみました。(^^)/

スポンサードリンク

しゃっくりの原因は?

しゃっくり 治し方 漢方

しゃっくりとは、呼吸補助筋のけいれん声帯が閉じることによって息を吸い込む時に「ヒック」という音が出ることが一定の間隔で繰り返されるものです。

数分で治まることもあれば、何時間も止まらないという時もあります。

肺の下にある横隔膜は、普通、上下運動をすることで肺の膨らみや縮みを調節して、私たちのスムーズな呼吸を助けてくれています。

けれども、しゃっくりが出る時はこんなふうになってしまいます。

1、その横隔膜が何らかの原因で刺激され、不規則な呼吸が起こる。
2、それと同時に喉の近くの筋肉にも脳からの信号が行き、その筋肉が急に縮まってしまう。
3、その時に「ヒック」という音が出る。

しゃっくりは出ても、普通はいつの間にか止まっていたということがほとんですよね。
しゃっくりがあったからと言って病気になったということもありません。

けれども、もし、何時間も止まらない場合は、気管支系などに問題があったり、内臓疾患やがんが原因で起こっていたりすることもあるそうです。

そんな時はお医者さんに診てもらいましょう。

しゃっくりを治すツボは?

翳風(えいふう)

しゃっくり 治し方 ツボ
耳たぶの裏側にあるへこんだ部分が翳風です。

押し方はこんな感じです。

1 左右の翳風に親指の腹を当てて、残りの指は側頭部にあて固定する。

2 左右同時にゆっくりと親指を押し込み、3秒静止してゆっくりとゆるめる。

3 これを8~10回繰り返す。

 

ここは横隔神経の通るところだそうですよ。

ひかる・笑う

横隔膜にダイレクトに作用しそうですね。

梁丘(りょうきゅう)を押す

しゃっくり 治し方 ツボ

  1. 左右の梁丘に中指を当て、人差し指を添えて上体を前に倒し、ツボに重さをのせ腕で支える。
  2. この状態で指先を前後に10回動かし刺激する。
  3. 以上を3セット行う。

しゃっくり 治し方 ツボ 
梁丘とは
太ももの膝の骨の外上角から上方に向かって指3本分のところですよ。


スポンサードリンク

しゃっくりを治す民間療法は?

重症のしゃっくりで困っている方も救われている方法を4つ挙げますね。

  1. コップに水をなみなみと注いで。それを両手で持ちます。上半身を前に傾けコップの反対側の遠いところに口をつけ、水を吸い上げるように一気に半分近く飲む。
  2. 蜂蜜を大さじ1杯、1度にゴクッと飲み込む。
  3. 青汁の汁とか蓮根の絞り汁のようなアルカリ性の強いジュースを盃2~3杯飲み、それと同時に大きく腹で呼吸するとか、ちょっとの間、呼吸を止めると治る。
  4. ビワの生葉を胸の苦しいところと背中に貼る。(表面を肌に)

1番はこんな姿勢です。(両手で持ってはないですが…)

しゃっくり 止める 民間療法
出典:http://www.ohhowcivilized.com/

この民間治療法は医学的には口蓋垂を刺激して舌咽神経や迷走神経に影響を与えることにより、横隔膜の不随意運動による強直性痙攣を止める作用によるものと解釈できます。
出典:https://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=6882

うーん、別の神経の反応に気をとられちゃって、横隔膜が痙攣を止めてしまうってことですかね?

とにかく効果は高いようです!

しゃっくりに効果のある漢方薬は?

柿のへた しゃっくり 止め方

柿のへた、生姜、そのミックスのパターンです。

    • 柿のへた10個を200mlの水で、水分が3分の2になるまで煎じて飲む。沸騰するまでは強火、沸騰後は弱火で煎じる。
    • 柿のヘタがない時は生姜約3gをおろして湯を加え温かいうちに飲む。
    • 漢方のしゃっくりを止める柿帯湯(していとう)はこの両方の材料を用いたもので重症のしゃっくりに使われている。
ひかる・スタンダードコース

柿のへたってそんなにすごいの?

そうなんです。
漢方のサイトで調べましたら、ありました、ありました!

しゃっくりは横隔膜(または他の呼吸補助筋)の痙攣によって起こるのですが、漢方では「気」の塊が逆上したものととらえます。柿のへたは、「気」の塊を引き下ろしてしゃっくりを止めるのです。出典:漢方ライフ

一方、西洋医学でしゃっくりを止めてもらおうとすると最新医学では「抗痙縮薬」などを処方されたりすることもあるのだとか。副作用、大ありですって。

気の上げ下げで解釈できる漢方って、すごいなあと思いました。

また、入院患者さんなどはしゃっくりも体力を大きく消耗します。
だから、看護師さんや家族の方が、漢方の薬局に柿帯湯を買いに走ってこられることがよくあるそうですよ。

官足法

みなさんは官足法をご存じですか?
痛いタイプの足もみです。
足にたまった老廃物を取り除けば、万病が治るというものです。

芸能人が罰ゲームで痛がったりする様子などが紹介されることも多いですが、素晴らしい効果があります。

治るという言葉に反発する方もいると思うのですが、

「足には臓器に対応する場所があって、そこにたまったゴミ(老廃物)を流せば身体の中がスッキリと巡り始める。」

というイメージを持つことができて私は幸せです。

今回はしゃっくりなので、その官足法で横隔膜の反射区をグリグリともんでみるのはいかがですか?

ひかる・笑う

足もみ1つで身体全体を網羅しているのがすごいわー。

こちらのサイトにわかりやすく解説されています。
ウィンターベル健康ショップ/足の反射区総合図表
横隔膜は足の外側の44番にあたります。

まとめ

いかがでしたか?

しゃっくりを止めるためのツボ押しと民間療法から漢方薬、官足法までをまとめました。

参考にされてみてくださいね。

身体の反応って本当におもしろいですね。

参考文献:『家庭でできる自然療法』東城百合子著、
      『元気になれるとっておきのツボ療法』鵜沼宏樹著

スポンサードリンク