日本人なら誰もが知っているであろう七夕。でも、それをどうやって園児たちに伝えるか?迷うところですよね。そこで、園でそのまま使えるお話形式で書いてみました。イメージしやすいので覚えるのも簡単です。

スポンサードリンク

子どもでもわかる七夕の由来・七夕物語

夜空に輝く天(あま)の川の近くに天の神様が住んでいました。天の神様には一人の娘がいて名前を『織姫』といいました。神様たちの着るものを作るくらい機織りが上手なお姫様でした。機織りとは、機械を使って布をつくることです。

神様はある日、年頃になった織姫にそろそろ結婚してもらいたいなあと思い、お婿さん探しを始めました。そして、天の神様は川の反対側にいる牛飼いの『彦星』という若者がいいと思い、二人を会わせたのです。神様は彦星のとても働き者なところを気に入り、織姫と彦星も相手を一目見ただけで大好きになり、すぐに結婚することになりました。

ところが初めは神様も大喜びでしたが、一緒になった二人は遊んでばかり。まったく仕事をしませんでした。
神様のところには、「織姫が遊んで仕事をしないので服がボロボロだ」とか、「彦星が牛飼いの仕事をほったらかして遊んでいるので牛の具合が悪くなった」などという文句がたくさんくるようになりました。

怒った神様は二人を天の川のこちら側と向こう側に引き離してしまいました。二人は毎晩、悲しくて泣きつづけました。

その様子を見てかわいそうになった神様は二人が1年に1度会える日を作ってくれました。それが7月7日の夜なのです。2人はその後、7月7日の年に1度だけ会える日を楽しみに一生懸命働くようになったということです。

おまけ

「川の水かさが上がって川を渡れない時はカササギという鳥が、羽を広げて橋を作ってくれるから、雨でも二人は会えるんだよ。」

「雨が降ったら…」

七夕の夜に雨が降っても「織姫と彦星が流した嬉し涙」と教えてあげてはいかがでしょうか?他の国では、実際にそう表現されているそうですよ!

笹の意味は?

子どもたちへの説明
短冊を飾る竹っていうのは、1日ですごーく高く伸びるんだよ。ぐんぐん伸びてとっても高くなるから、神様がくる時に、目印になるんだって!(または、ぐんぐん伸びて神様のところまで届くんだって!)

一般的にな説明

日本では神事では笹や竹を用いてきました。
笹は生命力の強さ、殺菌や魔除けになると考えられていて
まっすぐに成長する事から先祖の霊や神様の依代(よりしろ)として用いています。
※依代(よりしろ):神様を招き、つく物

神事の行事の脇には笹が飾り付けられます。
その笹には飾り付けはなかったのですが、七夕行事と重なった時に脇にあった
神様の依代(よりしろ)である笹を用いたと言われています。

七夕飾りの意味は?

短冊について

「七夕飾り」の代表ともいえる短冊は、現在では様々な形や色の物が広まっています。しかし、まだ日本に「七夕」という行事が出来たばかりの頃は、竹には紙で作った短冊ではなく、五色(ごしき)の糸を飾っていました。これが今も歌に残っている「五色(ごしき)の短冊」の始まりです。

短冊の色は
「青、赤、黄、白、黒(紫)」のことを指します。

つまり、「五行説(ごぎょうせつ)」の色に当てはめられているのです。後に「最上の色」と言われていた「紫」が加わり黒が無くなり緑を青と呼んでいました。

「五行説(ごぎょうせつ)」は人間が真面目に生きて行く意味である
五徳「仁・礼・信・義・智」をあてはめていました。

スポンサードリンク

つまり
緑(東)/木/仁:徳を積む・人間力を高める
赤(南)/火/礼:父母や祖先への感謝の気持ち
黄(中央)/土/信:信頼、知人・友人を大切にする
白(西)/金/義:義務や決まりを守る
黒(北)/水/智:学業の向上
Magic Wands引用→「七夕とは その3 短冊編」

これらの5つの徳を上げるという願いを込めるという目的もあったのです。

中国の行事「乞巧奠」として

七夕が始まった当初は短冊を飾る風習はありませんでした。

その代わり、中国の行事「乞巧奠」として日本に伝わり、和歌や習字などの芸事の上達を祈願して願い事を短冊に書くようになりました。その後、現在では、何でも願い事を書いても良いという風潮になっています。

元々七夕の由来となる中国の「乞巧奠」という行事では裁縫の上達を願う女性が針に5色の糸を通したものを飾る風習がありました。

七夕には「裁縫の上達を祝う」という目的もあったからなのです。織姫は裁縫や機織りの象徴ともされています。

飾りについて

紙衣:裁縫の上達

 

 

 

 

 

 

 

 

網:豊漁

 

 

 

 

 

屑籠:整理整頓

 

 

 

 

 

吹き流し:機織の上達

 

 

 

 

 

千羽鶴:長寿

 

 

 

 

 

その他にもスイカなどの作物も飾りますよね。豊作を願う思いを込めたのでしょう。

まとめ

あらためて調べてみるといろんな風習が合わさってできた七夕の由来でしたね。深いな~と感心してしまいました。

保育園時代の楽しい思い出はいくつになっても心に残っているものです。
「ささの葉サラサラ~軒端に揺れる お星さまキラキラ、空から見てる~」の子どもたちのかわいい歌声が聴けるなんて幸せですね。

スポンサードリンク