夕食の片づけも済みました、お風呂にも入りました。子どもも寝かせました。さあ、PCに向かって仕事しようと思いきや、さっきのやる気もどこにいったのか今日も、睡魔に勝てなかった・・・。そんなことで自己嫌悪に陥ってはいませんか?実際、私がそうでした。

恥ずかしながら、いろんなネット起業の塾に入っても、成果が出なかったのは、夜にやる作業を眠くて後回しにしてしまう日々が数ケ月続き、塾のカリキュラムについていけなくなったのが原因の一つです。

私がその試しにやってみて、その夜から就寝前、2時間ブログを書ける人に変われた方法をお伝えします。

スポンサードリンク

 なぜ眠くなるの?

おなかの中に入った食べ物の消化にエネルギーがとられています。当然ですよね。入ってきたものは消化してエネルギーに変えなくてはと身体は黙々とがんばってくれているんですよね。

だから脳には血液が回らなくなり…頭を使わないようにと眠くなってくれているんです。

なんと素晴らしい体のメカニズムなんでしょうね。素晴らしい!

でも、私たちは眠気を催さずに、寝る前にひと仕事したいんだよ!!

今日中に終わらせておきたいメールチェックやSNSへの返信などこれも、立派なお仕事です。ただし、朝の【金の時間】にするような仕事ではないんですよね。(羽仁もと子さんは午前中を“金の時間”、昼からを“銀の時間”、夜を“鉛の時間”と言っています。)

翌日の朝に金の仕事(クリエイティブな仕事・お金を生む本来の仕事です)をやるためには、今日やるべき仕事は今日終えておく必要があるのです。

スポンサードリンク

具体的なやり方

【一人さん焼き】の記事でも書きましたが、単食法をやります。やり方はこうです。

さあ、普通に家族に夕飯を作りました。あなただけご飯を食べずおかずだけ食べて過ごします。天ぷらでも、鶏ももの照り焼きでもなんでもOK。量もしっかり食べていいですよ。でも、とにかくご飯は食べません。

やってみてください。その夜から就寝前に、頭がさえる時間を味わうことができますよ。今まで通り食べたいという思いを我慢するようなら、週末は従来通り、ご飯もOKとしてもよいかもしれません。

とにかく、平日限定でもよいのでやってみましょう。身体の軽さの違いを体感でき、我慢している感覚は次第に薄れてくると思います。

食べる=膵臓、脾臓その他の臓器に大変な負担をかけることだと認識しよう

食べる種類が多いとその種類に合わせて、膵臓は消化酵素を出さなくてはいけません。同時には消化しないようになっているんですね。

たんぱく質用の分解酵素を出してから、それが終わって、炭水化物用の別の酵素で分解し始めるというように。

だから、いろんなもの食べると消化に時間がかかるのです。その間、脳への血流が減るので眠くなるんですね。

まとめ

まず、今夜からやってみましょう。体感できるはずです。食べ方と仕事、健康は大きく関わっています。今、仮にあなたが身体に負担のかかる食べ方をしてもバリバリやれていたとしましょう。

でも、いずれ長いスパンで見ると病気にかかって仕事ができなくなるような可能性は高くなります。

私たちは体をいたわりつつ、末永く働けることを目指しましょう。(はたらくとははたが楽になること、自分のため、宇宙のため

スポンサードリンク