キャベツはからだによい

糖質制限食の22日目。今日の食事も味わっていただきま~す!

【今日の一人さんのお話】
「おなかが痛い時、あなたはどう思っていますか。」

スポンサードリンク

22日目

基本の糖質制限食材

  • ゆで卵3個
  • くるみ…塩分、油分ゼロのもの
  • チーズ(家にあったピザ用チーズ)

しっかり食べて空腹感を感じられないようにしました。

家族との共有メニューとして

  • キャベツの甘酢漬け
  • きびなごの唐揚げ←(素揚げに近い)
  • 冷ややっこ

22日目ともなると、何を食べるかはもう頭に入っているので、
迷うことなく毎日の食事を準備できてストレスもまた減りましたね。

家から出ない日が続き、アボガドはあいにくきらしています。
基本のアイテムはやはり4種類、しっかりそろっていた方がいい気がします。

身体が欲しているのか、頭で食べたいと思っているのかはわかりませんが……。

その他の変化

顔に塗ったプロテオグリカンがいつもより余ったので手に塗って寝たら手が色白ムッチリに。

スポンサードリンク

体重は開始時と変わらず
165cm50kg。体脂肪はうちの体重計ではわからないです。
他に変化を数値で表せたらいいんだけど。

子どもの勉強を見ている時、足をバレリーナみたいに上げるようになった。
ジャンプしてみたり。子どもからは冷ややかな目で見られるが、楽しい。

多分、身体が軽くなってるからだと思う。

斎藤一人さんの身体にいい話

神が創った自分のからだ、もう少し信じてあげてください。

お腹がくだっているとき、
「今、お腹がくだってる。どうしたんだろう」って、
必要以上に心配する人がいますよね。でも、むやみに心配するのではなく
「今、からだから悪いものが出ているんだ」とか思ってください。

からだは絶対に間違えません。
からだは神が創ったものです。
あなたのからだに、神がいるのです。

吐いている時は、
「今、治っているんだ」と思えばいいの。
熱が出ている時でも、熱を出して菌を殺すのは正解なのです。

なのに、ほとんどの人は勝手に熱を冷ましたり、
勝手に解熱剤を飲みすぎたり、勝手におかしいことするの。

抜粋引用:『斎藤一人 この不況で損する人 この不況で得する人』より

まとめ

自分の身体を今日も信じてあげたいですね。

スポンサードリンク